キャッチャー・イン・ザ・ライ

「キャッチャー・イン・ザ・ライ」は共感、同情、軽蔑の奇妙なミックス

意識高い系ブックレビュー

「キャッチャー・イン・ザ・ライ」は共感、同情、軽蔑の奇妙なミックス

アメリカの高校一年時の課題図書だったのがこのサリンジャーの「キャッチャー・イン・ザ・ライ (The Catcher in the Rye)」だ。当時中二病をまだ引きずっていた私は人生で読んだ本の中で一 ...

© 2020 The Output